FC2ブログ

Category

stamp

スポンサーサイト

Read more
stamp

1 魚の鱗、鳥の翼 【1】

1 魚の鱗、鳥の翼受付の電話で客は、「田村ららの中学のときの同級生なのだが、ららを指名してもかまわないか?」と、聞いたらしい。客が告げた名前は、ソウダ――本名なら、宗田俊英?まあいい……。とはいえ、ほんとうに俊英だとしたら、中学の同級生だったなんて言わなければいいのに。帰ったら店の子たちにからかわれる。ところで、髪、めちゃめちゃ。前髪が鬱陶しい。雨だと疲れる。髪をなんとかしたいけど、公衆トイレは使いた...
Read more
stamp

1 魚の鱗、鳥の翼 【2】

バスルームから先にあがっていた俊英は、裸のままダブルベッドの縁に座って、ショルダーバッグから何かを探していた。さりげなく目をやると、アニマ聖書冊子協会の冊子が見えた。ショルダーバッグを探る手を俊英は止める。「ららに会いに、新宿二丁目の店に行ったこともあるんだ」ららはショーツを着け、二人掛けのソファに座った。スマホを手にしたが、すぐにテーブルに戻した。「ホストクラブ?」「いや、ショーパブだった」六年...
Read more
stamp

2 乳の匂い 【1】

2 乳の匂いドアを叩く音が聞こえた。四つん這いでららのペニスを受け入れていた俊英の身体がビクッと反応した。硬く勃起したペニスを出し入れしてたららの腰の動きも止まる。ドアを叩く音がさらに二度、三度と苛立たしげに強く響いた。振り向いた俊英が上半身を起こして言った。「僕がでる。これ、取ってもらっていいかな」 ららが手枷を外すと俊英は浴衣を引っ掛けてドアへ向かった。(ドアを開ければ、ベッドにいる姿が外から...
Read more
stamp

2 乳の匂い 【2】

「まってよ、やめて!」 (冗談じゃない。なにが「新しい光」よ)蘭はベッドから離れてららに近づき、ペニスを強く握った。 「これは命令よ!」ららは腰を引く。甘い塊が昇ってきて喉に留まるのを、ららは感じた。息を吸い込むとその塊は降りて行き、脛の骨を撃った。「やめて」 「あなたが排斥されたあとも俊英は、きちんと悔い改めて、わたしの元で従順を学んだ。今では、使徒会議のメンバーよ、信じられる?」 「そんなの、わた...
Read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。